無料テキストプレゼント!

 

マンガでわかる!安売りするな!価値を売れ!藤村正宏:著 を読んで思ったこと

最近、ひょんなことから手に入れた本ですー。
マーケティング初心者の僕にとっては、
とても有り難い本でした。

漫画込みの内容なんで、
エクスペリエンスマーケティング(エクスマ)のことが
とてもわかりやすく理解できますよー。

 

藤村さんってどんな人?

 

藤村さんって、どんな人なんでしょうか?
僕もよくわかりません。

でもお会いしたことあるんですねー。

まあ会ったっていうか、
お見かけした
が正確なんですけど。

たまたまエクスマのセミナー会場の近くにいたこともあり、
お見かけしました。
にこやかな笑顔で楽しそうに雑談していたんですねー。

あー、きさくに気軽に話しできそうな人だな
ってのが、第一印象ですかねー。

まあ結局、話はしていないんですけど。

ブログを見ると、マーケティングの先生ですね。
しかも大人気の。

IMG_6568

「モノ」ではなく、「体験」を売る視点の
マーケティング手法を提唱されている方です。

エクスペリエンス(体験)・マーケティングです。
略してエクスマです。

肩書きみるととても恐縮してしまいます、僕は。

でもこの本もそうですけど、
ブログ等で発信されていることなど、
勉強になることがたくさんあります。

 

本の内容

IMG_6566IMG_6567

そのエクスマのことが盛りだくさんの内容です。

漫画込み、
字も大きくて,とっても読みやすい内容です。

しかも事例がとても多いんです。
成功事例が。

成功事例をわかりやすく解説されており、
すぐにでも実践してくなる気持ちにさせてくれます。

 

思ったこと

 

で、読んでみて思ったことなんですけど、
やはりマーケティングの本だな、と。

成功事例の共通点は、

こちらからのメッセージをどのようにして
お客様に伝えるか
ってことですねー。

その伝え方もいろいろあって、
ネットやブログ、ツイッターにfacebookなどのSNS関連。
広告ちらしに、POPなどの活用事例の紹介や、

そのなかのコピーや文章も
入り口、出口を作って
読者さんを誘導する道をつくる仕組みなど書かれているんです。

その説明の文章も
旨いなー、わかりやすいなー
って感心しながら読んでいましたー。

そして、
いかにお客様に楽しんでいただけるか
って視点じゃないんですよ。

ここが最近の風潮なんでしょうねえ。

まず自分が楽しむ
そしてそれをお客様に伝えて、
同じように楽しんでもらう

ってのが主流になってますよねー。

でも、それって、
みんなが楽しくなるんで、とてもいいことですよねー。

僕もそうなりたいし、

仕事うんぬんじゃなく、
商売うんぬんじゃなく、

人生をそうやって生きていきたいですねー。
みんなもそうでしょ。

スポンサーリンク




 

思ったこと2

 

そして、思ったこと2なんですけど。

この本のタイトル
「マンガでわかる!安売りするな!価値を売れ!」
を少し考えてみるとですね。

安売り

これは、値段、お金。
いわゆる数字。
目にみえてわかるもの。
上下がちゃんとあり、比べることができるもの。
有形財

価値

体験、思い出。
人それぞれが感じる物。
目に見えなもの。
目に見えないから第三者が比べることができない。
無形財

なんですよ。

って考えたら、

「お客様」っていうより、
「人」って、

結局のところ
「有形財」より「無形財」
を求めているんだね。

ってことに、気づかされました-。
フェラーリ(物=有形財)欲しいー。
って人は、
フェラーリ乗っている自分が好きなんです。

その乗っている姿を想像して、

優越感に浸っていたり、
高級感を体感したり、
(体験=無形財)
している自分が好きなんです

だからフェラーリ欲しいんです。

有形財→無形財
の流れなんですねー。

有形財を理由にして無形財を求めているんですねー。

 

まとめ

 

IMG_6569

 

そういえば、人っていつも無形財求めてますねー。

愛とか、恋とか。
思い出や時間もそう。
名誉や優越感、充足感
などもありますねー。

それは、今も昔も変わらないもんだねー。

いくら科学が進歩しても、
いくら生活が楽になっても、

求める物は、いつも同じなんだねー。

って気づかされた本でしたー。

 
プロの料理人が家庭料理に役に立つ美味しいヒミツ、コツ
メルマガでお伝えしています

今ならさらに!無料PDFプレゼント!

ここまでお読みいただきありがとうございました。
ご意見、ご感想をいただけると、とても嬉しいです。お気軽におよせください。よろしくお願いします

 

 

コメントを残す