七草粥をアレンジするぞ。七日以外でも、残った粥でもやってみよっ

いよいよ明日は、一月七日です。
七草粥ですね。

子供のころの思い出が、、ちょっと蘇るな。

 

 

七草粥と聞いて思うこと

 

9428b149c861b054c2c5a2efd96b63cc_s

 

子供の時から、なんとなく親に食べさせられていましたけど。。。
そん時は食べてただけで、理由なんか考えてもなかったのが本音。

で、実際大人になると一人では、食べないですね。

あ~~七日ってそういう日だったよねって感じ。

でもでも、
実際家族をもって、子供が生まれると
日本の風習みたいなのが、心の中で浮き上がってきますよ。

「やっぱりちゃんと教えにゃ~いけんな、
日本人なんだから」

って、親心芽生える みたいな。。

で、よくよく考えたらウチの親もそういう気持ちだったんだろうな。
って考えたら、暖かい気持ちのなれます。
親に感謝です。

ほんと親になったらわかることの一つですね。。
(もう~ほんと親になったらわかることたっくさんある!!!)

 

なんで七草粥食べるの?

 

そもそも一月七日は、五節句の一つの

人日(じんじつ)の節句

です。

 

節句ってあれね。

 

ひな祭りの桃の節句や子供の日の端午の節句
などの年に五回あるやつ。

季節の変わり目での無病息災、子孫繁栄、豊作などを願ったりするちょっとしたお祭り、行事。
祝日にもなってるよね。

あとは、七夕と重陽。(七月、九月ね)。

でもこの日は、祝日じゃないのね。。。なんでだろ?

 

どうして七草粥なの?

 

もともと中国の風習みたいですね。

「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という7種類の若菜を入れた汁物を食べて、
無病息災を願う風習があったみたい。

羹はあつもの、汁という意味だそうです。

 

8525b26864644b6fd2b6ab9306ce0d23_s

 

その習慣が日本にも伝わって、
日本の独自の文化である、
春の七草

七種粥
(七種類の穀物で作るお粥)
と結びついて今の形になって定着していったみたい。

でもこういうこと子供にいっても
????
って顔されるだろうね。

でも親としては、常識として知っておきたいな。。
なんとなく子供の前では、格好つけたい。

 

スポンサーリンク




 

そして、アレンジだ

 

そうなんです。
アレンジです。

子供の時から思ってましたけど、たいしておいしくないんすよね
七草粥。。

そりゃね~~~、お粥だもん。

病気のとき食べるやつってイメージが抜けないもんね。

で、そこで
この七草粥を美味しくしてやろ~じゃね~か~!!!

って思ったわけです。
料理人として。

子供が喜んで食べてくれるもの!!
七草粥がいい記憶として残ってくれるもの!!
が目標です。

で、考えたのがこちら。。。

七草粥をアレンジ!子供たちは喜んで食べてくれるのか?

 
プロの料理人が家庭料理に役に立つ美味しいヒミツ、コツ
メルマガでお伝えしています

今ならさらに!無料PDFプレゼント!


 

ここまでお読みいただきありがとうございました。
ご意見、ご感想をいただけると、とても嬉しいです。お気軽におよせください。よろしくお願いします

 

 

コメントを残す