わかりやすくて簡単に。ハンバーグの空気抜き、成形の仕方、コツ。そして理由。

 

あきは

今回は、簡単にできるハンバーグの空気抜き、成形のやり方ね。

 

ハンバーグ企画

 

 

P107062901

 

我が家で絶賛されているハンバーグの作り方やこだわり、コツ
をシェアしていく企画です。

ハンバーグっていつも失敗してしまう。
どうもイメージ通りにいかない。
ハンバーグ初心者なんだけど。。

など、ハンバーグに対する悩みがあるあなた!

この企画であなたのハンバーグ作りの参考、ヒントになれば幸いです。

あくまで、我が家のハンバーグのやり方なんで、
必ずしも正解
ってわけじゃないですけど、
1つ1つ理由がちゃんとあります。

気軽な感じで読んでみてください。

これまでのハンバーグのまとめ記事は、こちら。

美味しいハンバーグを作るこつ、まとめ記事。

 

ハンバーグの空気抜き、成形

 

あきは

今回は、ハンバーグの空気抜き、成形の簡単でわかりやすいやり方をシェアするね。

みこちゃん

空気抜きって、ペッチンペッチンするあれでしょ。

あきは

そうそう、以外と難しいってきくよ。理屈がわかれば簡単なんだけどね。

みこちゃん

理屈なんかあるの?ほんとにわかりやすいんじゃろう~ね~?

 

空気抜き、成形の動画

 

 

スポンサーリンク




 

空気抜きの説明

 

空気抜きの理由って、なんだかわかりますか?

一般的には、

ハンバーグのタネの中に空気があると、
熱されることにより、空気が膨張して
ハンバーグが割れてしまう。

ってなのが理由。

僕もそう思う。
正しいと思う。

でも普通に肉をこねて、材料を混ぜていれば
そんなに空気入らないだろうな
ってなのも思ってる。

だから、僕がやる空気抜きは、
10回もやれば大丈夫だろうなって。

ましてや、

手首のスナップをきかせてー
リズミカルにー
ってなのもない。

そんなのプロがあればいい
って思ってる。

もっと気軽に、簡単にが僕のモットー。

なんで、動画にもあったとおり、
タネを上から下に移動させるだけ。

それだけで、タネの重みでたねがつぶされて
空気が抜ける。
ただそれだけ。

もっと簡単にしようと思ったら、

タネを合わせたボールを、
ボールごと数回持ち上げて落とすだけ。

この動作だけでも空気は抜けます。
(ケーキのスポンジなんかでよくやる動作ね。)

 

 

 

成形の説明

 

空気抜きがおわったら、次は成形。

成形って形を作ることだけど、
形も人それぞれ。

平らなもの。
俵型。
丸っこいもの。
ミートボールみたいなもの。
さまざま。

なんで、今回は、割れないように成形するってことだけだね。
(ここまでの行程で割れないようにちゃんとできてるけどね)

 

くぼみをつける理由

 

スナップショット 1 (2017-01-24 8-05)

スナップショット 2 (2017-01-24 8-06)

 

あと、くぼみをつけてる理由なんだけど。

くぼみって真ん中につけるでしょ、普通。

でも、できあがりにはくぼみってなくなってるよね。

あれは、焼いていくと真ん中がどんどん膨らんでくるから
表面を均一にするためなんだよね。

で、表面が均一になるから
焼き目が同じようについて美味しそうに見えるんだね。

あとハンバーグって外側からどんどん火が入っていって
やはり真ん中が火の入りが甘くなるから
真ん中をへこませて厚さをうすくしておけば、
火も入りやすくなるってことだね。

 

感想

あきは

どう?わかった、やり方。

みこちゃん

うん。思ったより簡単だね。上から下に落とす。これじゃね。

あきは

そうそう、理屈がわかれば子供でも簡単にできるよ。あいちゃんもできるだろうな。

みこちゃん

あー、いいね。今度やってみようか、あいちゃん。

あいちゃん

うん!!やってみる。簡単そうじゃもん!!

 

で、実際にやってみると
手のひらが小さいので、小さいハンバーグがたくさんできました。
(お弁当には、最適だったよ)

 
プロの料理人が家庭料理に役に立つ美味しいヒミツ、コツ
メルマガでお伝えしています

今ならさらに!無料PDFプレゼント!

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。
ご意見、ご感想をいただけると、とても嬉しいです。お気軽におよせください。よろしくお願いします

 

 

スポンサーリンク




 

 

コメントを残す