余った卵白で軽い口当たりのクッキー、ラングドシャの作り方、レシピ。

お、思わず食べ過ぎてしまいそうな
口当たりのクッキー、
ラングドシャ。

余った卵白で作る、
順番通りに混ぜて、焼くだけ
の簡単デザートです。

 

ラングドシャ

 

 

ラングドシャ。
フランス語で「猫の舌」
猫の舌のように薄いクッキーだそうです。

元々は細長い形みたいですが、
今回は丸形にしました。

あの「白い恋人」は
ラングドシャにホワイトチョコを挟んでいるんですよ。

知ってましたか?

 

材料

 

 

無塩バター 70g
グラニュー糖 70g
卵白 M玉2個分
アーモンドプードル 40g
薄力粉 30g
バニラエッセンス 少々

 

スポンサーリンク




 

作り方、レシピ

 

1.バターを常温に戻し、クリーム状にします。

 

 

2.グラニュー糖を加えて混ぜます。

 

 

3.卵白を半分入れて混ぜます。

 

 

4.アーモンドプードルを漉しながら入れて混ぜます。

 

 

5.残りの卵白を入れて混ぜます。

 

 

6.薄力粉を入れて混ぜます。

 

 

7.バニラエッセンスを入れて混ぜます。

 

 

8.絞り袋に入れます。

 

 

9.天板にクッキングシートをしいて、
丸の形に絞っていきます。

 

 

10.あらかじめ余熱160度に設定した状態から
160度で約20分焼いて、完成です。

 

 

 

ポイント

 

 粉を交互に加える。
卵白とバターは分離しやすいので、
粉と卵白は交互に加えます。

プラスの楽しみ方

 

アイスクリームとの相性が抜群!!
軽い口当たりのお菓子なので、
アイスクリームやジャム、チョコレートと相性が良いですよ。

 

家族の感想

 

 

 

みこちゃん

これ、美味しいね。
このサクサク軽いのがいいね。

あいちゃん

美味しい!美味しい!
また明日も食べるからね。

評価
みこちゃん  おかわりするほど美味しい。
あいちゃん  止まらなくなるほど美味しい。

 

あきは

余った卵白で、簡単に作れるお菓子です。
軽い口当たりなので、
いろんなものと相性が良いですよ。
是非お試しあれ。

 
プロの料理人が家庭料理に役に立つ美味しいヒミツ、コツ
メルマガでお伝えしています

今ならさらに!無料PDFプレゼント!

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。
ご意見、ご感想をいただけると、とても嬉しいです。お気軽におよせください。よろしくお願いします

スポンサーリンク





 

コメントを残す