無料テキストプレゼント!

 

お弁当ピッタリ。次の日でもパサつかず美味しい我が家のベーコン入りハンバーグの作り方、レシピ。

あきは

家族絶賛。我が家の自慢のハンバーグです。

 

ハンバーグ企画

 

 

P107061901

 

このベーコン入りハンバーグ、
ハンバーグ大好きなみこちゃん曰く
「人生の中で一番美味しいハンバーグ」
と絶賛しているハンバーグであります。

そんな我が家で絶賛されているハンバーグの作り方やこだわり、コツ
をシェアしていく企画です。

冷凍保存してるけど、いざ食べるときは、パサパサになって美味しくない。
次の日お弁当に入れると、美味しくなくなってる。

なんて思ってるあなた!!

ハンバーグいつも割れて失敗しちゃう。
パン粉って生?乾燥?どっちが正解?
食パンってパン粉の代わりに使えるの?

なんて悩んでるハンバーグ初心者のあなた!!

この企画であなたのハンバーグ作りの参考、ヒントになれば幸いです。

あくまで、我が家のハンバーグのやり方なんで、
必ずしも正解
ってわけじゃないですけど、
1つ1つ理由がちゃんとあります。

気軽な感じで読んでみてください。

 

ハンバーグ家族会議

 

あきは

みこちゃん絶賛のベーコン入りハンバーグの作り方公開するね。

みこちゃん

おっ、遂に!!このハンバーグめっちゃ美味しいよね。

あきは

人生で一番美味しいって言ってくれたもんね。

みこちゃん

そうよ!!始めて食べたとき外食より美味しいって思ったもんね。
お肉は臭くないし、固さも丁度いいし。しかも冷めても、次の日でも
冷凍して解凍しても美味しいってすごいと思うよ~~。

 

ベーコン入りハンバーグ(赤ワインソース)の作り方動画

 

スポンサーリンク




 

 

ベーコン入りハンバーグ(赤ワインソース)の材料(4~5人前)

 

ベーコン入りハンバーグ

合い挽き肉 約300g
うすい飴色玉ねぎ 玉ねぎ(中)1ヶ分
玉子(M) 1ヶ
牛乳 60cc
食パン(5枚切り) 1/2枚
ベーコン 30g
ナツメグ、塩、胡椒、ケチャップ 適量

 

赤ワインソース

赤ワイン 150cc
ウスターソース 大さじ2
ケチャップ 大さじ2
砂糖 小さじ1

 

ベーコン入りハンバーグ(赤ワインソース)の作り方、レシピ

 

ベーコン入りハンバーグ

1.食パンをちぎって牛乳に浸す
2.ベーコンを刻みます
3.合い挽き肉に塩小さじ1を入れて、粘りがでるまでこねる。
4.浸した食パンをさらに細かくする。
5.うすい飴色たまねぎ、牛乳浸しの食パン、刻んだベーコン、玉子、塩、胡椒、ナツメグ、ケチャップと合い挽き肉をまぜる。
6.混ざったら冷蔵庫で冷やす
7.冷えたら5等分にわけ空気抜きしながら成形する
8.フライパンの上にハンバーグをのせる(フライパンの火はつけていない)
9.火をつける。火加減は、弱火強。
10.3分ぐらいしたら、キッチンペーパーをかぶせる(油の飛び散りを防ぐため)
11.5分ぐらいしたらハンバーグを少し動かしながら約。
12.7分ぐらいしたら、焼き目を確認してひっくり返す。
13.キッチンペーパーをかぶせて3分ぐらい焼く。
14.焼き目を確認したら、酒大さじ1をいれてフライパンのふたをして蒸し焼きにする。
15.1分たったらふたをとり、ハンバーグをとりだす。
16.ハンバーグをアルミホイルでくるみ保温する。
17.付け合わせの温野菜をのせて、ハンバーグを盛りつける。

赤ワインソース

1.ハンバーグを焼いたフライパンの目立った肉のカスやアクを取ります。
2.火をつけます。火加減は、中火強。
4.赤ワイン150cc入れます。
5.半分量ぐらいまで煮詰めます。
6.砂糖 小さじ1、ウスターソース 大さじ2、ケチャップ大さじ2を入れます。
7.よく混ぜたらできあがり。ハンバーグにかけます。

感想

 

あきは

どう?けっこう簡単でしょ。このベーコン入りハンバーグ。

みこちゃん

そうなんよね。あんまり難しかったり、ややこしいことないんよね。
それで、美味しいから余計好きなんよね~。

あきは

1つ1つの行程に理由やこだわり、コツがちゃんとあるからね。
それらの解説は、下からいけるようになってるよ。

みこちゃん

へえ、すごいじゃん。それならハンバーグ初心者の人も1つ1つ理解して
美味しいハンバーグの作り方覚えれるね。

 

詳しい解説は、こちらから。

美味しいハンバーグを作るこつ、まとめ記事。

 

  誰でも簡単に”炊き込みごはん”を美味しく作れる無料テキストをプレゼント!  


 

ここまでお読みいただきありがとうございました。
ご意見、ご感想をいただけると、とても嬉しいです。お気軽におよせください。よろしくお願いします

コメントを残す