無料テキストプレゼント!

 

幽庵焼きと西京焼きのいいとこどりの焼き方って?鰆や鮭や鰤や鯖にも相性いいでっせ。

幽焼き。
西京焼き。

和食の焼き魚の料理名ですね。
特に寒くなると、西京焼きを目にする機会が増えてきますよね。
マナガツオや鰤、鮭、鰆など美味しい魚がどんどん市場にでてくるからなんですよ。

で、その西京焼きと幽庵焼きのいいとこどりの焼き方?

そう、それは、味噌幽庵焼きです。

 

幽庵焼きって?

 

96f6a9e4ac211a0560f9e879c8913c51_s

 

江戸時代の北村幽庵って人が考案した料理だそうです。
だから幽庵焼きっていうんですね。

幽安焼き、柚庵焼き、祐庵焼き、ゆうあんやき
などと表記が変わったりしますが、み~んな一緒みたいですね。

で、作り方っていうか定義というか。

醤油、みりん、酒を同割りにした漬けだれに、
柚子、すだち、かぼすなどの柑橘類をいれて香りをつけて、魚をつけ込み焼いた料理です。

まあ同割りってのがいいですよね。
わかりやすくて、覚えやすい!!!

 

幽庵焼きのこつ

 

漬けだれは、同割りなんですが、
このまま作ると、すごく濃い~たれになるわけですよ。

ここまで濃いと

焼くときには、すぐ焦げるわ、
焼けたらやたら黒いわ、
漬ける時間をちょっとでも長いと醤油辛~い感じになっちゃうわけですよ。

難しいですよね。
そこで、ひとつ提案です。

 水を加えましょう。

醤油、みりん、酒、= 1
水 = 3

がちょうどいいんですね。

 

で、魚を一人前の切り身とすれば、まあ1時間ぐらいかな?
漬けとけば、大丈夫です。
それ以上漬けていても、そんなに辛くなったりしないので、
安心ですよっ。

 

スポンサーリンク




 

西京焼きって?

 

0be4f9e33f1ba6ea8cb6027081ea9df9_s

 

まあここで、改めて西京焼きです。
有名ですよね、西京焼き。

定義は、西京味噌(京都で作られている甘い味噌)を酒や味醂などで、
のばした漬け床に 魚を漬けこんで焼いた料理です。

 

味噌漬けなんで焦げやすいのが難点です。

でも西京焼きって、旨いですよね。
僕は大好きなんですよね、
まさに最強焼きっって感じです、僕の中で。

 

いいとこ取りしてみるって?

 

幽庵焼きと西京焼きがお判りになられたと思うのですが、
ここでこの二つの料理のいいとこ取りしてみましょう。

その料理は味噌幽庵焼きです。

初めて聞く人も多いと思いますが、
ちゃんとした日本料理です。
作り方はとても簡単です。

幽庵焼きの漬けだれに白味噌を混ぜるだけ。

あとは、同じです。
ある程度魚を漬け込んで、焼く。

 

味噌幽庵焼きの特徴
柑橘の香りもちゃんとついて、
なおかつ味噌の柔らかい感じのコクがプラスされて、味わいに深みがでるんですね。
柑橘も今の時期にぴったりの柚子にすれば、白味噌との相性も抜群です。

 

漬けだれの割合です。

醤油(できたらうす口醤油、なければ0.8)、みりん、酒、 = 1
水 = 3
白味噌 = 1ぐらいかな?
白味噌の量は、お好みです。

 

 漬ける時は、こまめに漬けだれを混ぜてださいね。
液体の中に、味噌がはいっているので、味噌が沈むんですよね。

 

この時期の魚、鰤や鰆や鮭、マナガツオや銀だらにも相性がいいので、
是非是非試してみてくださいね~~。
美味しいですよ。

 

  誰でも簡単に”炊き込みごはん”を美味しく作れる無料テキストをプレゼント!  


 

ここまでお読みいただきありがとうございました。
ご意見、ご感想をいただけると、とても嬉しいです。お気軽におよせください。よろしくお願いします

 

 

コメントを残す